【七五三はめんどくさい?】出張撮影も有り、フォトスタジオ体験を語ります

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
とうさぎ

今日は七五三で泣いた話をします

こうさっちゃん

泣いちゃった?

とうさぎ

ちょっとね(笑)

七五三は子供の成長を祝う一つの行事ですが、最近のライフスタイルの変化で共働きの増加や両親と離れて暮らしている等の理由から「七五三は別にやらなくていいか」と思う人も増えてきていると思います。

実際昔と違い写真撮影から印刷まで簡単に家でできることを考えると、あまりフォトスタジオを利用する利点が見いだせない人もいるでしょう。
しかしフォトスタジオだからこその利点ももちろんあるので、今日はわたしの体験談をご紹介します。

目次

七五三はめんどくさい?

行事ごとはどうしても準備がめんどくさく感じてしまいますね。
日々の生活をしながらたった1日のための準備をする。
パワーが必要なところですが、フォトスタジオなら特に用意なく利用できます。

必要なのは事前の衣装選び

ネットで事前に決めておくとスムーズ。

わたしの行ったフォトスタジオは衣装(選んだコースは2着選べたので和装と洋装)を選ぶのですがどれも素敵な衣装ばかり!

事前にネットでどれを選ぶか娘と相談していたのでここはスムーズに進みました。

靴を選び(靴は無しでも妖精さんみたいになりますよと言われました)ヘアメイクやお化粧になるので、衣装は事前に子供と相談して決めておきましょう。

子供が飽きずにいられるのはプロの力

子供に強いフォトスタジオを選びましょう。

めんどくさいと感じてしまう理由の一つに「子供の機嫌が撮影の間持つか?」はあると思います。
これはフォトスタジオの情報を調べて子供の扱いに慣れている(新生児フォトや七五三等)ところを選ぶことでかなり解消されます。

わたしの娘は3歳児検診の時に言葉の遅れを指摘され、幼稚園に行くか療育に通うか夫婦でずいぶん悩んだ過去があります。
結局幼稚園に相談して色々配慮してもらいながらも他の子どもたちに混じって登園することができています。

そんな娘が一人で撮影に臨めるのか?わたしも不安でしたがスタッフの方が娘に「幼稚園で何して遊んでるのー?」とか持っていった人形(ピクミン)を見て「その人形が出てるゲームお姉さんやったことあるよ」とか優しく話しかけてくれて、それにつられて娘もちょっとづつ心を開いたみたいで楽しくおしゃべりしてるのでビックリ。

さながら美容院の一幕みたいで微笑ましく、また幼稚園での出来事は親であるわたしたちでも娘の機嫌次第で教えてもらえなかったりするので流石に新生児や子供の写真を撮る所のプロなんだなあと感心しました。

時間はどれくらいかかるのか

撮影は着替え・ヘアセット込みで2時間ほど。

これはプランにもよるでしょうが、わたしの行ったフォトスタジオはその間貸し切りでほかのお客さんと鉢合わせがないようにお店の導線も作られておりゆったりと特別な空間での非日常空間の中での撮影に娘もスタッフのお姉さんたちとすっかり意気投合で指示も通りやすくわたしたちが介入せずともスムーズに素敵なポーズで撮影してもらって時間はあっという間に過ぎていきました。 

時にはいっしょにはしゃぎ、常に娘の気持ちを汲んだ撮影をしてくれてこちらはすっかりリラックスして観客気分で娘の撮影を眺めていたら「お父さんお母さんもどうぞ」と親子3人での写真も撮ってもらえることになりうれしくなりました。

そもそも行くのが…という方は出張撮影もあります。

近くに良いフォトスタジオが無いという方は思い切ってカメラマンに来てもらいましょう。

こちらは50000組もの子育て家族を撮影してきた実績を持つ家族撮影のプロによる出張撮影サービスです。

Famm出張撮影

・全国一律料金でプロのカメラマンが撮影
・75カット以上の写真データが全て貰えるので、写真館やスタジオよりもお得
・国内120万人のママが使う家族アルバムアプリ「Famm(ファム)」が手がけるサービスなので安心・安全
・全額返金の制度もあるのでもしもの時も安心

初めての出張フォトでもこれだけの安心材料があればハードルはグッと下がるのではないでしょうか?

撮影場所等は考えなければなりませんが、シチュエーションや撮影方法等はプロの意見も聞けますし子供も普段行っているところなら緊張せず自然な姿をカメラに収めてもらえるのではないでしょうか。

めんどくさいかもしれませんが七五三はやっぱり良い!

撮影が終わりそのデータの確認もかねて動画で今日の写真を流してくれたのですが・・・。

素敵な音楽といっしょになって流れる娘の楽しそうな表情と素敵な衣装。
あれ?これはなんだ?あ、わたし泣いてる(笑)
「娘もここまで大きくなって言葉の事とかまだ不安もあるけどこうやって周りの人に支えられてこれからも生きていくんだなあ」と思ってると涙が止まらず。

そんなハプニング(笑)がありつつこの日の撮影はわたしたち家族にとってかけがえのないものとなりました。

七五三は確かに準備も大変でめんどくさくも思ってしまいます。
しかし思い切ってやってみてはいかがでしょうか?

きっと素敵な時間を過ごせますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次