ブログ2ヶ月目の記録は他コンテンツとの格闘の日々でした(笑)

当ページのリンクには広告が含まれています。
ブログ2ヶ月の記録
  • URLをコピーしました!
とうさぎ

ブログ2ヶ月目!

こうさっちゃん

いろいろあったね

とうさぎ

日々勉強だよ

ブログを運営しているとむずかしく感じるのは、どう収益化するかです。

アフィリエイトやアドセンス、
コンテンツ販売を行う方もいるでしょう。

ブログをはじめて間もないと、
自分のブログの方向性に悩み
色々なことにチャレンジもします。

じつをいうとわたしもそうです。

わたしの2ヶ月目はまさにブログ以外のコンテンツとの格闘の日々となります。

その成果もあり、本記事執筆時で
ブログ以外からの収益が4桁を超えました。

なのでせっかく読んでくれているあなたには
ブログ以外のコンテンツとの付き合い方
わたしなりにまとめています。

ブログ疲れたな……というときにでも
片手間でやってみてください。

こんな人に読んでほしい!

  • ブログをはじめたけど
    成果がでなくてあせる
  • ブログとほかのコンテンツを
    組み合わせる具体的方法を知りたい
  • ブログ以外からの
    収益の柱
    を探している

ひとつだけ注意してほしいのは
初心者はまずブログに集中することです。

ブログをメインにしているなら集中することで
余計な知識も入らずに成長も速くなります。

わたしはブログを書く時間をけずり
いろいろとつまみ食いした結果
どれも中途半端になり自己嫌悪になりました。

あくまでブログのついでとして
こちらの情報を参考にしてください。

目次

2ヶ月目のブログの推移

  • 収益はブログ・有料note・アドセンスと多彩化
  • 特に楽天ROOMの伸びがよくブログとの連携もあり売り上げアップ
  • Googleアドセンスに合格したことに
    より3ヶ月目がより楽しみに

2ヶ月目で収益4桁を達成できたのは間違いなく
ブログ以外のコンテンツが充実したからです。

アドセンスは先日(11/19)合格したばかりなので
まだあまり実感はありませんが、大きかったのは有料noteの販売と楽天ROOMとなります。

内訳はなんと有料noteのみで4桁を達成する結果となりました。

ROOMとかnoteとかわからない……という方にもわかりやすく教えます。

2ヶ月目のグラフです

またこれらのコンテンツを1つのアカウントで
管理できる便利なものがあります。

それはlit.link(リットリンク)という
無料のSNSまとめサービスです。

ブログや楽天ROOM、noteなど自分の好きなようにURLを登録して自分だけのデジタル名刺を
つくれます。

XなどSNSのプロフィール欄にリットリンクを
おけば興味をもってくれた方がブログやROOMを見てくれる仕組みです。

自分の感性で自由度高く作ることができるので、複数コンテンツの運営をするなら
一度目をとおしてみてください。

わたしもやってますので
参考にリンクを置いておきます。

楽天ROOM1,000人達成!

ジャンルをしぼるのは楽天ROOMで有効

楽天ROOMとは楽天の巨大ネットショッピング
モール楽天市場を使ったショッピングSNSです。

かんたんに説明すると楽天市場であなたが
「これいいな」と思ったものを集めてほかの人に紹介して、あなたのアカウントのページから商品が売れれば商品ごとの料率の楽天キャッシュと
して振り込まれるサービスとなります。

自分だけのセレクトショップを楽天ROOMというモールの中で出店するイメージです。

メリットは……

  • スマホひとつでできるのですきま時間で報酬につながる
  • ブログのように商品を紹介する
    セールス文を書かなくても投稿できる
  • SNSなので不特定多数の人に
    見てもらえるので機会が増える

楽天ROOM内のつながりですぐに趣味が同じ人も見つけやすく、いいねも付けられる点はSNS運用と似ています。

フォロワーさんも集まりやすく特に何もしなくても500人以上はあっというまで上位表示されなければ読んでももらえないブログと違い
モチベーションを保ちやすいことが
メリットです。

わたしの経験からのポイントを
かんたんにまとめます。

これらを意識してわたしのROOMアカウントは
1ヶ月でフォロワー数1,000人以上
以前は1桁だった投稿につく
いいねも30以上つくようになりました。

ジャンルはしぼる

あなたのいいと思った物を紹介できるのが
楽天ROOMの特徴ですが、なんでもかんでも紹介するとあなたのROOMをみた人が
何の店か分からなくなります

おすすめはジャンルをしぼり、
ROOMのアカウント名(20文字まで)に
あつかうジャンルを入れることです。

一目であなたが何をあつかっているかを
お客さんに明確にします。

さらにプロフィールを充実させ、
自分のアカウントをフォローすることで
どのような情報が得られるか
理解してもらうことも重要です。

こうするとまわりから認識してもらい
継続的にROOMに来て
商品を買ってもらうことにもつながります。

楽天ROOMのとうさぎのアカウントでのアドバイス

アクティブなユーザーをフォローする

楽天ROOMは非常に
フォロワー数が増えやすいです。

フォロー返しにほぼデメリットもなく、
フォローすればだいたいフォロバ(フォロー返し)
してくれるのではじめてすぐに500人くらいは
達成します。

しかしある程度くると伸び悩み、
フォロワー数のわりにいいねがつかず
見てもらえないということも……。

理由はアクティブでないユーザー
フォローしていることです。

楽天ROOMは最終ログイン日などの情報も
ないためすでにROOMをやっていない
アカウントもたくさんあります。

フォローしても反応が無くあなたのアカウントに商品を見に来てくれることもないためこういった非アクティブユーザーの見極めが必要です。

ひとつの目安として
フォロワー数や投稿商品の多い
ランクD・E
はすでにROOMを
引退している可能性があります。
※はじめたばかりのアカウントもDやEですが、
この場合はフォロワー数も少ないので
見分けがつきます。

アクティブなユーザーとつながることで
いいねを送りあい、あなたのROOMの商品価値を高めるのです。

有料noteでも0→1達成!

Xでの拡散協力も使い読者にも
メリット
のある宣伝ができる

有料noteはわたしの2ヶ月目のブログ生活で
一番の収穫です。

すでにある商品を紹介するアフィリエイトと違い自分の考えやノウハウをまとめ売る
コンテンツ販売は難易度が高そうでなかなか
踏み切れませんでした。

しかし思い切って販売すると
想像以上の方に見てもらえて
はじめての有料noteは大成功で
やってよかったです。

興味のある方はわたしの体験談とともに
紹介します。

Xでの拡散協力と返金を強調して宣伝

自分のコンテンツにお金を払ってもらえるか?はだれもが気になるところです。。

有料noteには返金とXでの拡散協力で
特別価格を設定できます。

返金設定もnoteの投稿画面から
すぐにできてかんたんです。

返金ができるのは読者から見ても
購入のハードルが下がる効果があり、
そこに拡散協力での特別価格を同時に
アナウンスすることで購入の確率が
グッと上がります。

拡散協力特別価格は自分で自由に決められるので、Xで「キャンペーンやってます!」などと宣伝することでより多くの人に
あなたのnoteを紹介できるのも魅力です。

noteの投稿画面から返金設定やXでの拡散協力を設定する説明

Googleアドセンスに合格!

ブログをくずさない範囲で合格できるなら挑戦価値あり

初心者ブロガーの登竜門的位置づけの
Googleアドセンスですが
2ヶ月目で合格することができました。

合格の様子やポイントなどはこちらの記事で紹介していますのでアドセンス合格を目指している方は参考にしてもらえるとうれしいです。

こちらの記事でも紹介していますが、
だれなにを紹介するブログかを
はっきりさせることが重要です。

そのためにはプロフィールを充実させてブログであつかうジャンルをしぼることがひとつのやり方となります。

専門性を持つことでまわりから覚えられやすくなる=収益化への近道!

ブログ2ヶ月目のとうさぎの記録でした。

今回はテーマをしぼること
ひとつ成功につながったかと思います。

楽天ROOMやブログのジャンルに加え、
noteもブログでもあつかっているブログ初心者の方へ向けたコンテンツでしたので
とうさぎはこういうジャンルの人だとまわりの方に認知してもらえたのが大きかったです。

たくさんの人がいるブログやSNSの世界は専門性を持たせることで認知してもらいやすくなります。

当然そのジャンルでの知識に
くわしくなければ埋もれてしまうので
勉強は必須です。

しかし、この専門性をあなたのコンテンツに
うまくからめれば宣伝に役立ちます。

ブログやSNSでの発信ジャンルにも応用できるので方向性が定まり、ブログの更新頻度も上昇することでしょう。

当ブログではほかにもブログ初心者の方に向けた情報を発信していますので、参考になったらほかの記事もぜひ読んでみてください。

Xもやっていますので気軽にフォローしていただきコメントなどいただけるとこれからの記事作成の励みになりますのでよろしくお願いします。

\ 仲良くしてね /

ブログ2ヶ月の記録

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次